2018年7月17日火曜日

Tuesday! 続けていこう繋いでいこう





灼熱の3連休があけましたね。

週のはじめが火曜日ってだけなんですが

普段の週はじめよりもパワーを出してスタートしたい気分です。



<続けていこう繋いでいこう>



「止まってもいいし、笑われてもいいから、大切にするもんだけはわかっとこうな!」


健さんのかっこいいMCにパワーもらって

今週も飛ばしていきます!





2018年7月14日土曜日

one PHOTO -059-




オリジナルで什器や家具を製作していると

デザインの確認のために試作をしたり、製作中に起こりうる様々な状況を

想定して 余分に材料を加工したりすることが日常的に発生します。


ウッドのモールディングの試作したときに出来た材料を使って

ピクチャーフレーム を製作してみました。

(サイズはポストカードサイズにしています)



フレーム自体は、世の中に数え切れないほど存在するのですが、

実際に自分好みのインテリアに合うものや

中に入れたいポスター、ポストカードや写真などに合わせて

探してみると、サイズが微妙だったり、素材や色が気に入らなかったり

以外に選べるほどは無いな~という経験をされた方も

多いかと思います。


鉄をメインに扱うGANZとしては

やはり鉄との相性が良いウッドフレームを求めてしまいます。

今年(2018年)のはじめに 第一弾として

Triple Picture Frames 」をリリースしましたが

これ以外にもまだまだ創りたいものがありますので

これから少しずつ形にしていきます!



オリジナルで製作すればサイズの問題は関係ありませんし

カウンターの鉄枠や ヴィンテージパーツで製作した照明との

相性もよろしいかと思いますが、みなさまのお好みはいかがでしょうか?



今回はちょっと気取ってモノクロにしてしまったので

カラーバージョンは後日インスタにアップしますね。



一応、壁に掛けられるようにしたんですが

今の気分でGMPのカードスタンドに立ててカウンターに置いてみました。

早くあのポスター達を何とかしたい!!







2018年7月9日月曜日

Monday!




日本中(世界中)で災害や悲惨な事件ばかり。。。

ちょっと気を抜くと下を向きがちですが

毎日仕事して普通の生活ができることに感謝して

いま自分がやるべき事、いま自分に出来る事をしっかりやっていこうと思います。





このカバーが大好き!

今週も飛ばしていきます




2018年7月8日日曜日

LED照明と電卓














LED照明に関するご相談はポチポチといただくのですが

自分の事となりますと、いつも後回しにしがちでいけません。


ということで、蛍光灯のままだった工場の照明を先日ついにLED化してみました。

(画像は以前お客さま用にオリジナルで製作したものです)


省エネはもちろんですが、紫外線が少ないので

これに集まる虫たちは ほとんど寄ってこなくなります。

スイッチオンでスパッと点灯しますし、発熱も少ないので

やはり実用上のメリットは大きいですね。









それから少しして、あれれ・・・

長年愛用してきた関数電卓が使えない。。。


これ、一応内蔵電池もあるのですがメインは太陽電池で動きます。


ちょっと気になって調べてみると

LED化によって使えなくなる場合もあるようです。。。


念のため他の太陽電池タイプの電卓をテストしてみましたが

そちらは特に問題なく使えています。


詳しいことはよく分かりませんが

太陽電池の発電方式にも種類があるようですし

今回の場合は20年近く使っている関数電卓なので

発電効率が落ちていたのも原因なのかもしれません。

(他の電卓は比較的新しいモデルです)


電卓もリニューアルして心機一転・作業に専念したいと思います!








2018年7月6日金曜日

趣味の時間 #03 「カメラのレンズをカビから守る」




久しぶりの「趣味の時間」ですが

第3回は 「カメラのレンズをカビから守る」 ということでやってみたいと思います。

梅雨はどうなってるんだか分かりませんが、毎日ジメジメするこの季節

みなさんはカメラのレンズのカビ対策ってどうしてますか?

「当然、防湿庫でしょ!?」

っていう意識の高い方がどの位いるのかわかりませんが

僕の場合、そんなに沢山レンズを持ってるわけではないし

置き場所の確保も微妙だし・・・っていう言い訳のもと

プラスチックボックスに除湿剤という雑な保管をしてきました。。。

それでもカビたりはしなかったんですが

流石にもう少しだけちゃんとしてあげようと思いたち

「ドライボックス」なるものを購入してみました。







容量は27リットルのタイプで、簡単な湿度計と蓋にはパッキンも付いています。

除湿剤も付属していますが、みなさん状況によって

量を調整されているようです。

これなら電源いらずで棚の中に入れてしまえば場所も取りません。

※セットしたばかりなので湿度が高いです。







ネット検索していたらこんなものが出てきたので試しに買ってみました。

カビの胞子って空気中のどこにでも飛んでるらしく

条件が整えばどこでも繁殖するそうです。

湿度が低くても油断はできないみたいです。。。

ズームレンズは特に心配ですよね。


参考になるか分かりませんが一応リンクはっておきます。

キャパティ ドライボックス27L グレー

HAKUBA レンズ専用防カビ剤フレンズ KMC-62




余談ではございますが、1枚目の画像のフィルムカメラは

以前お客さまから「ジャンクだからディスプレイにでも使って~」っと

いただいたものでして、わたくし普段はキヤノン派でございますw


以上 趣味の時間 #03「カメラのレンズをカビから守る」でした。

油断されてる方、ご注意ください。。。

それでは #04 をお楽しみに!





2018年7月2日月曜日

Monday!




夏が近付くと毎年聞きたくなる。

溶接暑いし 鉄錆びるしで 仕事がしにくい時期ですが

これ聞いて飛ばしていきます♪


1997年ですって。。。20年たつんですね。。。





2018年7月1日日曜日

Mesh Door [観音開きメッシュドアのオーダー製作例]



以前、チーク材のカウンターやスツールなどを納品させていただいた

Mさんのガレージスペースに 追加のご相談をいただきました。


ご相談の内容は、カウンター横の収納スペースにドアを付けたいとのことでした。


フルオーダー製作ですので、いつものように

細部の仕様までしっかり打ち合わせさせていただいた後に

概算見積もり、完成イメージのご提案、最終見積もり、製作、納品・施工

という流れで進めさせていただきました。


ドアは特にシビアに現場の採寸や状況の把握をしたいので、

概算見積もりまでは お客さまに採寸していただいた概寸をもとに進行し

ご回答をいただいた後に、実際に僕が現調に伺っています。


それでは詳細をご紹介いたします。






中があまり見えすぎないようにアイアン(鉄製)メッシュにひと工夫して設計しつつ

操作性と使い勝手を考慮して観音開きにしています。







木製の枠に負担をかけないように、鉄製の補強を介して

蝶番を取付け、マグネットキャッチでキッチリ閉まる構造にしています。







シンプルなドアハンドルもオリジナルで製作しています。

Mさま、撮影協力ありがとうございます!










とてもスムーズに開閉し、開口も最大限に確保できました。

蝶番やマグネットキャッチといったパーツ類は

将来交換できる設計にしていますので万一の時も安心です。







扉の内側には、装飾も兼ねた補強を入れています。

これがあることで、ドアの捻れや、開閉時のビビリを抑えています。















オリジナルの金型を製作して プレス加工したパーツ類が

とてもいい雰囲気を演出しています。







下部のチリ合わせも しっかり調整しています。








もちろんスツールやカウンターとの相性も抜群です。

いつ伺っても、隅々まで丁寧にメンテナンスしてくださっていて

嬉しいです。


20年、30年とメンテナンスをしながら長く使っていくものなので

アフターもしっかり対応させていただきながら

益々サービスを充実していけるよう精進していきます!!


Mさん、今回もありがとうございました。

お次も楽しみにお待ちくださいませ!







2018年6月28日木曜日

one PHOTO -058-




オリジナルのプレスパーツを組み込んだメッシュドア。

ただいま詳細を準備しています。

もう少しお待ちください。





2018年6月25日月曜日

Monday!








"Shot Down"

僕には曜日はあまり関係ないですが

月曜なんで これ聞いて飛ばしていきます♪







2018年6月23日土曜日

Retro Inspired #002













さて、先月から気まぐれではじまった Retro Inspired ですが

前回の #001 に続いて 今回は医療用の椅子にフォーカスしてみます。

(画像は毎度の拾いものですみません)


医療用に限らず、「専用品」の機能美にはヤラれてしまいますね。








こんなシンプルなものでも つくり手の意図が滲み出ている

感じがしてしまう・・・。








こちらはワイヤーのしなやかさを利用して座り心地を追求したのでしょうか?

年代の違いもあると思いますが、デザインが栄えますね。







随分とメカニカルなこちらは、複雑な構造でも余分なものはなく

全てのパーツが計算されている感じがします。

使う側の要求も多かったと思いますが、それに答えるつくり手の熱意が強くないと

こういった魅力は出てこない気がします。。。







こちらは70年代のものみたいですが雰囲気ありますよね~。

見た目からも安定感が伝わってきます。







こんな何てことないワゴンでも 「用途を満たせばオッケー」

みたいなつくり方をしてない感じがしてきます。



それぞれに違った魅力があって好みが分かれるかもしれません。

椅子なんかよりも背景の壁、ドア、床が気になってしょうがないw って

そんな気持ちもよ~くわかります。

こういう資料を漁りながらどんどん脱線してしまうのも

楽しみのひとつだったりしますね。

詳しい方、いつかいろいろ聞かせて下さい!!


次回 #003 へつづく






2018年6月21日木曜日

納品の旅・札幌 #10 [ ダイジェスト ]

長期間にわたり「納品の旅・札幌シリーズ」にお付き合いいただきありがとうございました。

作業の合間にコツコツと画像のセレクトやレタッチ・記事の準備を

進めていまして、リズム良くアップできず申し訳ございませんでした。


アップしていないアイテムも含めて、本当に沢山のご依頼をいただき

感謝の言葉しかございません。ありがとうございました!



最後に総集編として #01~#09 までをまとめてみました。







































































こうやってまとめてみると、ご相談をいただいてから

実際にデザインして 製作して 納品・施工までの

いろんなことを思い出してしまいますね。



ご相談いただいた当初は 札幌まで納品に行くことになるとは

全く思っていませんでしたが、Yさんの熱量に答えたくて

思い切って納品に行って本当に良かったです。



長期間の製作中は、日々自分との闘いで、自分の弱い部分を

思いっきり見せつけられましたが、贅沢な納期をご用意いただけたので

思う存分 作業に没頭することができました。



完成後はワンボックスにアイテムと施工道具満載で、

名古屋から片道40時間のフェリーの旅。

40時間って長いようで、実際はそうでも無いことを実感しつつ

メディカルマシーンに入っているベジータのように

移動中でバッチリ体力回復して北海道に上陸できました。



施工アイテムが沢山ありましたが、もうパワー満タンなので全く問題ありません。

観光するほどの余裕はなかったですが、ちょっとした旅気分を

満喫しながらの札幌滞在は最高の思い出になりました。



札幌のみなさんに豪華な宴を催していただいて

ここにも素敵な出会いと最高の時間があって、もう楽しすぎ!

あげたらキリがないのですが、暖かく迎えてくださった

札幌のみなさま本当にありがとうございました!



帰りは「帰りたいけど帰りたくない」なんだか複雑な気持ちでした。

心配していた台風の影響が的中して フェリーが欠航というハプニングがあり

先輩のお宅にもお世話になってしまいましたが

ここにも楽しい時間が待っていまして

もう、札幌ヤバいですw。


最後に今回お客様をご紹介くださって、素敵な出会いと貴重な経験を

させてくださった Mess Around さん 本当にありがとうございました。

お土産のアドバイスから、数々のラーメン屋情報までwww

地元の方ならではの的確なアドバイスに感動しました!!






GANZの納品・施工エリアは、一応「東京-名古屋間」に設定しているのですが

遠方のお客様のエネルギーに負けてしまうと

ついつい納品を引き受けてしまう自分がいます。。。

今まで納品で楽しくなかったことがないので また行きたくなってしまうんですが

製作スケジュールや、タイミング、様々な状況によっては

全てに対応できるわけではございませんのでご理解くださいませ。。。





さて、未アップアイテムが溜まっていますので

引き続きよろしくお願いいたします。




2018年6月18日月曜日

16年目・・・

GANZ 開業から丸15年が経ちまして 本日から16年目に突入です。

みなさまに沢山のご相談をいただける日々。

とても貴重な充実した時間をいつもありがとうございます。


みなさまの お店や ご自宅や 趣味の空間を

GANZの「ものづくり」で お手伝いをさせていただき

ほんの少しでもお役に立てたら最高です。


何年経っても課題が山積みで

日々精進の真っ最中ではございますが

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。








2018年6月15日金曜日

納品の旅・札幌 #09 [ TV Board / AV Board ] テレビボードのオーダー製作例



納品の旅・札幌 #08 [ "Teak" Herringbone Counter ] に続いて

[ TV Board / AV Board ]   をご紹介いたします。









GANZ が考える「 Wood & Steel 」を素直にご提案させていただきました。

今回はテレビは壁付けとのことで

オーディオボードとしての用途をメインで製作いたしました。

もちろんテレビを載せても大丈夫な強度を確保しています。






参考サイズ:幅1895×奥行480×高さ615mm

ご要望により、ご使用中のロボット掃除機に対応するため

底部の空間高さを150mmに設定しています。





鉄脚にはアジャスターを組み込んでいますので

床の材質や凹凸に対応してガタツキなく設置いただけます。






天板はメラミン化粧板と木目を生かした無垢材のモールディングを組み合わせています。

モールディング形状も独自にデザインしています。

マットブラックのメラミン化粧板は 耐久性やメンテ性に優れた素材で、

中でも指紋が付きにくい仕上げのものをセレクトしています。







中央部分の棚は全て固定で、配線等の取り回しの自由度を考慮して

背板は無しにしています。

木部はマットブラックのラフペイントとWAXを組み合わせて

鉄部の雰囲気に良く合う表情に仕上げています。

無垢材のモールディングも最終仕上げは同様の Wax Finish のため

肌ざわりやメンテ性も良く 経年変化をお楽しみいただける仕様です。








左右のメッシュ扉は、アイアン(鉄)の重厚な雰囲気を生かしながら

各部の精度を追求することで得られるスムーズな開閉と

マグネットキャッチによる手軽で安定したドアロック構造を実現しています。







内部の棚板は50mmピッチで3段階の高さ調整が可能です。

また、こちらはペグボードの背板を組み込んでいます。







こちらも素敵なリビングに納品させていただきましたので

全体の雰囲気をご覧下さい。






以前ご紹介いたしました [ Low Table Type1 ] と

同じコンセプトで製作しています。







GANZもこんなショールームが欲しい!!

と思う空間で、ついついニヤニヤしてしまいます。

さらに、ここからオーディオや細かい備品がセットされて

お客様の個性の中にGANZのアイテム達が仲間入りさせて

もらっている様子を想像しただけで本当に嬉しいです。


[ TV Board / AV Board ]



ご紹介できていないアイテムも多数納品させていただきましたが

今回で「納品の旅・札幌」のアイテム紹介はラストです。


次回は「総集編」として各アイテムのダイジェストなど

まとめようと思っております。


納品の旅・札幌 #10 総集編 へ続く