2018年1月28日日曜日

ウェブサイト・・・



昨年からコツコツ進めてきて やっと一段落といった感じです。。。

パッと見の変化は少ないかもしれませんが 結構時間かかってしまいました。

まだまだ各コンテンツは課題が山盛りですので
これからもコツコツ進めていきます。

変更点はこちらにアップしておきましたのでご参考ください。







2018年1月21日日曜日

納品の旅・札幌 #02 [ Name Plate Type1 ]  アイアンフレームの表札のオーダー製作例です



 納品の旅・札幌 #01 [ Iron Wall Sign Type1 ] に続いて ご自宅側の表札をご紹介いたします。








カフェやレストランの看板としてのご相談も多い

アイアンフレームのシンプルな表札です。

フォントやサイズ感は鉄の雰囲気に合わせて数案ご提案させていただき

こちらをお選びいただきました。









GANZ刻印もひっそりお邪魔させていただいております。

黒皮の雰囲気を生かしながら しっかり屋外仕様で製作しております。


Name Plate Type1


今回も掲載に快く許可をいただきまして本当にありがたい限りです。



過去の記事で表札の細部も紹介していますので ご検討の際は合わせてご覧ください。

http://ganzblacksmith.blogspot.jp/2017/04/name-plate.html



さて、いよいよ次回からインテリアに移ります。お楽しみに!

納品の旅・札幌 #03 へ続く






2018年1月17日水曜日

【 Blacksmith Shop 】Hat Stand ウッドアンドスチール・ハットスタンド






先日ご紹介しましたピクチャーフレームに続きまして

1月18日(木)から Blacksmith Shop にて一般受注を開始する

Hat Stand をご紹介いたします。















まずはシンプルなシングルタイプです。

高さは400ミリに設定しています。

大きめのハットを立て気味にディスプレイすることもできますし

テーブルトップのアイテムとの高低差を大きめにすることで

より立体的なディスプレイを可能にします。





トップのウッド部分の形状により

様々な角度でのディスプレイに対応します。

Hat Stand [Single] <HAT-01S>
















続いて ディスプレイの幅が広がるダブルタイプです。

高さはシングルタイプ同様の400ミリと更に高めの600ミリに設定しています。

余裕を持った幅設定で 高級感あるディスプレイが可能です。





ベースを回転させて奥行きを生かしたディスプレイも可能にします。

様々な角度に対応しますので無限の組み合わせをお楽しみください。





ダブルタイプはフレームの接続部分にもアクセントを付けて

パイプをプレス加工したデザインにしています。

Hat Stand [Double] <HAT-01W>












どちらのハットスタンドもトップにはウッドを採用しています。

木目や節といった天然木ならではの個性にプラスして

クラシカルなモールディングと着色で鉄フレームにマッチした仕上がりです。

絶妙な角度にディスプレイするためにもこのモールディングが

効果を発揮しています。





ベースには鉄の無垢材を用いることで コンパクトでありながら

ズッシリとした重量感で安定したディスプレイが可能です。





ベースの底面のフェルトクッションは大切なテーブルを傷から守ります。

鉄ならではの経年変化を楽しんでいただくため

鉄部はWAXで仕上げています。













店舗什器としてはもちろんですが

是非趣味の空間でも使っていただきたいアイテムです。

こちらも GANZ の Wood & Steel らしいアイテムができたと思います。

いずれも受注製作アイテムとなりますので、完成まで少し納期をいただきますが

是非この機会にご検討くださいませ。


Blacksmith Shop 】にアップいたしました。








2018年1月16日火曜日

【 Blacksmith Shop 】Triple Picture Frames 3連ピクチャーフレーム











1月18日(木)から Blacksmith Shop にて一般受注を開始する

Triple Picture Frames をご紹介いたします。

POST CARD サイズ(148ミリ×100ミリ)に対応した3連ピクチャーフレームです。

レール状の鉄製フレームを壁に取り付けて、そこにウッドフレームを

横からスライドさせてセットする構造で、並ベ替えやカード交換が容易です。
















ウッドフレームも全てオリジナルで製作しています。

材料の切り出し、ルーター加工から組み付け、着色、仕上げまで

とても多くの工程を必要としますが、コツコツ丁寧に製作しています。

木目や節など天然木ならではの個性があります。
(個々に少し違った表情になります)

レンズ部分には安全性と写真やカードの保護を兼ねて

透明度が非常に高いアクリルを採用しています。








鉄フレームには GANZ の刻印が入っています。












LANDSCAPE タイプは 横向きレイアウトのポストカードに対応したモデルです。

Triple Picture Frames [LANDSCAPE] <TPL-01L>











VERTICAL タイプは 縦向きレイアウトのポストカードに対応したモデルです。

Triple Picture Frames [VERTICAL] <TPL-01V>








気分や季節などにあわせて写真やカードを入れ替えるのも楽しい時間ですよね。

GANZ の Wood & Steel らしいアイテムができたと思います。

いずれも受注製作アイテムとなりますので、完成まで少し納期をいただきますが

是非この機会にご検討くださいませ。


Blacksmith Shop 】にアップいたしました。








2018年1月9日火曜日

納品の旅・札幌 #01 [ Iron Wall Sign Type1 ] 突出し看板(壁付け)のオーダ製作例です

GMP のディーラーさんでもある Mess Around さんにご紹介いただいて

会社のオフィスを併設した新築住宅用に沢山のアイテムを製作させていただきました。



それでは早速ご紹介させていただきます。










まずは IRON SIGN から。

鉄の重厚な雰囲気を生かしつつ、アイアンフレームのシンプルな構造を採用した

突き出しタイプの壁付けサインです。

カフェやレストランなどの飲食店から

アパレル・セレクトショップの看板としてもご相談いただきます。












屋外での使用のため 強度に影響が出るような腐食を防ぐ構造と対策をしています。

仕上げは 鉄の雰囲気を崩さないように

2液ウレタンによるマットクリヤーペイントで仕上げています。

こうすることで黒皮の雰囲気を長期間維持しつつ

鉄らしい経年変化を楽しむことができます。
















会社のロゴもデザインさせていただきました。

ロゴ部分もペイント仕上げですので鉄フレームにしっかり馴染んでいます。

雪が降る地域ですので施工からシーリングまで万全の対策を施しています。

オーダーメイドの利点を生かして

状況やお好みに応じて細かく対応させていただきます。


Iron Wall Sign Type1



納品の旅・札幌 #02 へ続く





2018年1月4日木曜日

2018年 スタート








新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

1/3 仕事始めは毎年恒例 安全祈願の剣を鍛えました。

静岡に来てからはじめて早くも9本目。

今年も楽しくなりそうなので しっかり満喫したいと思います。

本日から本格的に作業開始。

よろしくお願いいたします。