2018年3月28日水曜日

納品の旅・札幌 #05 [ Mesh Shelf Type1 ]  壁付けメッシュシェルフのオーダー製作例

納品の旅・札幌 #04 [ MESH SHELF ] に続いて

 [ Mesh Shelf Type1 ] を多数製作させていただきましたのでご紹介いたします。






こちらは棚幅900mm×4段のスタンダード仕様を

2台横並びに施工しています。







棚の高さが変えられたり、運送サイズが小さく済むなど

イメージ以上にメリットが多いアイアンメッシュシェルフです。

が、、、支柱の位置出し・施工が少し大変です。。。







棚の高さ調整は、100ミリピッチで自由に設定いただけます。

施工後のお客様ご自身での棚の高さ調整も

ちょっとしたコツを掴めば、比較的簡単に行っていただけるかと思います。







棚の表裏はどちらでも使える様に設計していますが

GANZプレートの段だけ表裏の方向性ができてしまいます。

基本仕様は上面がフラットな画像のタイプになります。


好みにもよりますが、最上段などの高所だけを

脱落防止のために逆組(上面を凹面)するお客様もおられます。







個性的なカラーの壁面にもしっくり収まりました。

こちらは棚幅を800ミリに変更しています。

スペースを有効活用できるのもオーダー製作ならではです。







そして広々としたガレージの一角にも。


今回は事前にご相談いただきましたので、施工予定場所の

広範囲に「下地」入れておいていただきました。

強度も施工時間も下地の有無で雲泥の差があります。


また、コンクリート等の壁にも施工可能ですが

ビス穴の形状などを事前に検討された方が何かとよろしいかと思います。

詳細は下記のリンクからお気軽にご相談ください。


[ Mesh Shelf Type1 ]




納品の旅・札幌 #06 へ続く





2018年3月23日金曜日

one PHOTO -051-



メッシュのバリ取り作業

地味で手間のかかる作業ですが重要な作業だと思います。

メッシュアイテムの画像が溜まっているので

楽しみにお待ちください。






2018年3月16日金曜日

【 Blacksmith Shop 】Iron Stool [Low] アイアンスツール・ロータイプ



GANZオリジナルのアイアンスツール
Iron Stool [Middle]

に 新たに Low タイプが加わりました。


通常でしたらこちらの標準的なスツールからリリースされるのですが

なぜかGANZはバーカウンターなどで使われる

ミドルスツールからリリースしていましたw


今回のロータイプは、いわゆる標準的な高さのテーブルに合わせて

使用できるスツールです。

座面サイズはミドルと同じで 高さの変更に伴う鉄脚のバランス調整をしています。













鉄製パイプフレームに樹脂製アジャスターを組み込んで

安定感抜群に仕上げています。

樹脂製のスイベルアジャスターは 平滑なフローリングはもちろん

コンクリートや古材の床でも安定してご使用いただけます。






[ Black ]




[ Dark Brown ]




[ Cherry Brown ]

座面カラーは これまで同様3色展開です。








[Middle] と [Low] の比較です。











GANZの鉄脚ワークデスクやテーブルはもちろん

アンティークのダイニングテーブルなど 750mm程度の高さの

テーブルと合わせることをイメージしてデザインしています。

接客用やギタースツールとしてもご活用いただいております。



受注製作アイテムとなりますので、完成まで少し納期をいただきますが

是非ご検討くださいませ。


Iron Stool [ Low ] <ST02>