2018年6月23日土曜日

Retro Inspired #002













さて、先月から気まぐれではじまった Retro Inspired ですが

前回の #001 に続いて 今回は医療用の椅子にフォーカスしてみます。

(画像は毎度の拾いものですみません)


医療用に限らず、「専用品」の機能美にはヤラれてしまいますね。








こんなシンプルなものでも つくり手の意図が滲み出ている

感じがしてしまう・・・。








こちらはワイヤーのしなやかさを利用して座り心地を追求したのでしょうか?

年代の違いもあると思いますが、デザインが栄えますね。







随分とメカニカルなこちらは、複雑な構造でも余分なものはなく

全てのパーツが計算されている感じがします。

使う側の要求も多かったと思いますが、それに答えるつくり手の熱意が強くないと

こういった魅力は出てこない気がします。。。







こちらは70年代のものみたいですが雰囲気ありますよね~。

見た目からも安定感が伝わってきます。







こんな何てことないワゴンでも 「用途を満たせばオッケー」

みたいなつくり方をしてない感じがしてきます。



それぞれに違った魅力があって好みが分かれるかもしれません。

椅子なんかよりも背景の壁、ドア、床が気になってしょうがないw って

そんな気持ちもよ~くわかります。

こういう資料を漁りながらどんどん脱線してしまうのも

楽しみのひとつだったりしますね。

詳しい方、いつかいろいろ聞かせて下さい!!


次回 #003 へつづく